利用キャラ紹介(2018.10.14修正)

FF14を始めて早くも3年め。

三国序盤は主人公に関わる暁の血盟の面々が変わってくるため、より深くFF14の世界を楽しめるよう、各国にキャラを作って遊んでいました。

今は利用キャラが増えているため、当時の紹介文を残しつつ追記修正してご案内します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

召喚士 フレデリクなど三国序盤用キャラ

あざといかわいさのフレデリク
エレゼンでいざゲームを始めてみたものの、ララフェルのかわいさにあっという間にめろめろになって作ったフレデリク。

今もメインキャラとして使っています。

双蛇党→不滅隊→黒渦団所属。

設定

何を見ても興味津々で行動的な14歳。

優しい両親に育てられた一人っ子。
小さな街で育ったので、もっと広い世界を見てこいと両親や街の人々に背中を押されリムサに出発。

ひそかなコンプレックスは標準より小さな身長。

少年らしいわんぱくさを目指してキャラ作成しました。
何をしてもどんな表情をしてもかわいいのでSSが増える一方です。

ララフェルで一番好きな仕草は座るポーズ
ララフェルの一番好きな仕草は座る時。
足をぶらぶらさせたり、投げ出して座ったりとあざとい。
訝しげな表情のフレデリク
いぶかしげな表情をすると年齢相応の男の子っぽさが出ます。

身長が小さめなので他のララフェルと並ぶとちんまりとして愛らしい。

冒険当初は、

初心者指導教官に向かって反省するフレデリク
カーバンクルとの連携がうまく行かず、初心者の館の最終試験に何度も落ち、失敗しては挑戦を繰り返し、
初めてのイフリート・エギ召喚
ついにイフリート・エギを召喚。

巴術士はペットの操作があるので難しい分やりがいがあります。

勢いに乗ってタイタン戦にも挑み、開始早々に落ち…再挑戦で無事突破しました!
PTがベテラン勢ばかりでみなさん優しくて、へこむことなくすぐに再度挑むことができました。

吟遊詩人 アルテュール

image
エレゼンのフォレスター。
黒渦団所属。

呪術師 ニルス

ニルスの旅はウルダハスタート
暁の血盟の面々と出会うところまで進めたニルス。

序盤用キャラのため、アルテュールとニルスは今は休ませています。

サブキャラたち(フレデリクの冒険者一団)

冒険を進めるにつれて、メインキャラ以外にサブキャラを使うようになりました。

先に紹介したフレデリクがヒカセン、他のキャラはともに冒険を進める仲間なイメージです。

サブキャラはよく使うキャラや作ったばかりも含めて6人。

メインストーリースキップの「新生の冒険録」「蒼天の冒険録」は使っているものの、優遇サーバーの経験値2倍が素晴らしすぎてパッチの合間に複数ジョブレベリングしています。

吟遊詩人 オルガ


25歳お姉さんアウラな吟遊詩人。

サブキャラの中では一番メインストーリーが進んでおり、メインキャラと同じく最新コンテンツに行っています。

学者 ヘルガ


駆け出し学者な20歳のヘルガ。

オルガが最新パッチに追いついたため、蒼天振り返り用に作りました。

最近になってナイトも始めました!

占星術士マーシュ


次は、占星術士のマーシュ。

22歳なので、落ち着いた服装が多めです。

どんなエモをしても何を着てもかわいい!

幻想薬を使って上記の学者になったため、再度作成してレベリング中です。

機工士 リリー


私には珍しいミコッテのリリー。
鼻黒ミコッテかわいいですよね!大好きです。

活発で考えるより先に体が動く19歳。

実はこのキャラ、初めは少人数FCのFCクラフト用に作った別アカウントキャラだったんです。

ところが、キャラメイクが好みすぎて4.0~4.05までメインキャラに幻想して冒険することに。

パッチ4.3から再びこの姿になっています。

白魔道士 エルダー


22歳ですでにベテランな白魔道士のエルダー。

どうしてもサンシーカーが使いたくなりアウラ・レンから幻想させちゃいました。

戦士 アニス


女性アウラ・ゼラが大きな斧を振り回して冒険しているところを見たい!と作った、一番新しいキャラです。

ゴシックな服装が似合うクールさもかっこいい!

上のエルダーのようにカッパーベルまで進めてメインストーリーはスキップ、レベリングは練習がてら自力で行っています。

アウラ・ゼラの角や鱗とほのかに青白い肌の相性は抜群ですねー。

以上、利用キャラのご紹介でした!

一覧にしてみると、女性キャラが多いですね~。
男性キャラも欲しいなぁと思いつつも、使うより眺めていたいのでリテイナーとして使っています。

今後も変わり次第更新していきます。

それでは、またー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャラ紹介
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
アルニッキ

コメント