ストーリーとレベルスキップ冒険録を購入しました!

FF14の二度めの拡張である「紅蓮のリベレーター」。

少しずつ進めていき、ついに最終決戦というところまで来ました。

プレイするほどに増していく、想い出深い蒼天をさらに越えるおもしろさ!

多くの魅力的なNPCとの出会いに加え、メインストーリーに散りばめられた今までと違った戦闘により、より光の戦士が物語に関わっている臨場感が堪りません。

各地域の美しさにハッと目を奪われることもしばしば。

このままメインストーリーが終わって、別ジョブやギャザクラの育成になってしまうのは寂しい……

そう数日迷った末、サブサブキャラに冒険録を使い、紅蓮のストーリーをもう一度楽しむことにしました。
(サブキャラは、2.1中)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリースキップ+レベルブーストアイテム

もともと、紅蓮のリベレーターを注文する際、間違えて別アカウントでも購入してしまっていたんです。

なので、すでにソフトを持っている人がすぐ紅蓮のストーリーを楽しむために必要なものは、

①ジョブをLv60にする「〜の冒険録:蒼天編」(2700円)
②紅蓮までメインストーリーをスキップさせる「蒼天の冒険録」(2700円)

の2つ。

※必要な冒険録を間違えていたので訂正しました。失礼しました。(9/17)※

アクションが大幅に変わっていることもあり、一からキャラを育てる時間を考えると安めの値段設定だと思います。

新生エオルゼアのメインストーリーのみスキップしたい場合には、新生の冒険録(1944円)もあります。

利用手順

いつも通りモグレターが届くので、アイテムと同じく使用するだけです。
使う順番は、どちらが先でも大丈夫。

まず、メインストーリースキップの「蒼天の冒険録」を使うと自動ログアウトになります。

次に、Lv60にする冒険録「〜の冒険録:蒼天編」を使い自動ログアウトを終えると、

あっという間に、紅蓮エリアを遊べるキャラになりました!

ジョブレベルブーストの冒険録は、サブジョブの機工士に使いました。

使用感は?


細やかな気遣いだなぁと感じたのは、ストーリースキップ用の冒険録を使った際、宿屋の愛用の紀行録のところでログインとなること。

すぐにストーリーの概要を体験して楽しめますねー。

各冒険録に30万ギル分のアラグ白金貨が付属しているのでマケボで買い物出来る点もいいですね!
さっそく新装備をミラプリしてみました。

PvPの解放やミラプリなど、直接メインストーリーに関わりのないクエストは、受けに行く必要がありますのでご注意を。

グランドカンパニーの階級も始めからなので、討伐手帳を埋めて軍票を稼ぐといいと思います。

「ジョブの冒険録:蒼天編」の購入制限撤廃(11/6追記)

4.1からLv60まで上げる「ジョブの冒険録」の購入制限が無くなりました。

暗黒騎士でタンクの楽しさに目覚めたから他のタンクも上げたい!なんて、わがままも大丈夫になりました。

ただ、ジョブクエストをスキップしてしまう点だけ注意が必要です。
ストーリーや戦闘を全て楽しみたい場合は、地道に上げていくことをオススメします。

私の場合、暗黒騎士はスキップせずにじっくり見たかったので育て、ナイトと戦士は冒険録を使いました。

各冒険録の詳細は、こちらの公式紹介ページをご覧ください。

これからメインキャラで最終決戦や、カンスト後の装備を整えつつ、合間に紅蓮の振り返りをしていきます!

それでは、また~!

コメント