【第43回PLL後半】モルボルこと室内さんのスペシャルトークセッション

先日行われた「第43回PLL:パッチ4.3実装コンテンツ特集Part1」。

後半の「グローバルコミュニティプロデューサー室内氏(モルボルさん)によるスペシャルトークセッション」も笑いあり勉強になることありの濃い時間でしたね!

【パッチ4.3part1】FF14第43回PLL前半まとめ!
「第43回FFXIVプロデューサーレターLIVE」、新しい情報がどんどん出てきてとても楽しい時間でしたねー! 吉Pやモルボルさんの発言を主に引用してまとめました。

前半に引き続き、2人の会話を再現しまとめましたー。
コンサートやライブのお知らせコーナーもご一緒に。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

会場やフォーラムから集まった質問集

吉Pが進行をしていくので、いつもと座る位置が違っていました。

具体的にどういう業務を担当しているのか?

管轄はコミュニティチーム、カスタマサポート(インフォメーション・GM)、不正対策のSTFの統括をしている。
(肩書に)グローバルとついているのは、ロンドンにもあるのでグローバルにいこうと統括している。

(吉P)分かりやすくいうと偉い人。

GMとして活動していたことはありますか?もしあればエピソードも教えてください。

FF14のGMは24時間の3シフト制で、シフトに入ったことはない。
スクエニはFF11のために入社し、GMとしてやっていた。

ウルティマオンライン(UO)のころもGMをしていた。

「なぜここに呼ばれたか分かりますか?」を実際に言ったことがあります。

新生前のヒカセン対GM軍団の指揮をとっていたことも。

モルボルさんはいつも優しそうですが、怒ったら怖いと聞きました。怒ったら物に当たったり、吉田を殴ったりするのですか?

物にはあたらない。なんだよ~と口で言うときはあまり怒っていない。
怒ったら黙ります。

(吉P)笑って怒る。
本人は周りが分かってないと思っているが、周りは分かっている。
僕より怖いんじゃないかな。

今までで一番印象に残っているイベントは?

毎回いろんな発見はあるが、特筆すべきはヒカリエでやった新生のイベント。
吉Pがぐっと涙をこらえたところは、YouTubeを探すとあると思う。

(吉P)サイテー。

エモーショナルな瞬間に弱い。

皆さまのがんばれという声援がささる。
100人、200人にがんばれと言われると崩壊する。

北米欧州DCにおけるbot利用者における現在の対策はどうなっているか?

PvP

チーム内の優先度が高い。
bot特定について試行錯誤しているので少しずつ効果が出ているのではないか?

採集について

大規模は捕まえやすい。
個人や小規模だとパターンが特殊すぎるので、条件を考えて法務などと調整しながら対策している。
しかしながら、敵も若干グレードアップして帰ってくるのでいたちごっこをしているが、着実に力を入れている。
通報にご協力ください。

(吉P)泳がせ釣りが好きだよね。泳がせておいて一気に数千釣り上げたりする。

徹底抗戦、いたちごっこ上等でやっていきます!

欧州DCでの遅延への進展は?

FF14というよりはその手前で起こっていることが多い。

そのため、スクエニが対応できないところには、スクエニが言っても伝わらないことがあるので利用しているプロバイダにお伝えいただくといい。

今は遅延が起こっておらず快適に遊べているとのこと。
何かあればスクエニとプロバイダどちらにも伝えていただけるといい。

ロードストーンで不正対応へのお知らせが記載されますが、永久利用停止との違いは?

お伝えしたいと思い、資料を作ってきました。

「よくわかるFFXIVペナルティのすべて」

タイトル・サービスごとに利用規則が異なるため、あくまでFFXIVのペナルティに関して説明するものと考えてください。

ペナルティは累積であり消えない。

一気に段階を越えて永久利用停止もあるのでご注意を。

一定期間で減るわけではなく、一発アウトもある。

監獄に行くと、このHUDになります。

(吉P)チャット欄が細かいw

裏でFCチャットをしたりはできない。
この後、利用停止に入ることが多いのでそんな時間はないのでは?

モルディオン監獄という名前は、FFXIチームにプレイヤーと話をする場所がほしいと言ったところ作ってくれた。

(登録のために)名前をつけないといけなかったので、世界設定をしていた方が由緒正しい名前を付けてくれた。

ペナルティはGMが原則その場で判断し、即実行することになっている。

その後、アカウントアドミンチームによるダブルチェックにより、必要に応じてペナルティの修正をしている。

RMT以外の個別に永久利用停止が決まる場合は、吉Pが決済をして停止になる。
吉Pの判断により、さらに確認をと差し戻すこともある。

再び登録していても同じ人だと分かればBanされる。

再調査リクエストで判断がひっくり変わることは、ほぼない。

ただし、のっとられていたことが実際にあったので、おかしいなという時にはご相談を。

そういったことを防ぐためにもセキュリティトークンを使ってください。

【GriefTactics】
PvPフィーストでの談合やインスタンスダンジョンでの妨害行為、不正なメンバーキックなどシステム上できるがするべきではないこと。

【不適切な行為】
例えば、去年多かったのは転売する目的でハウジングを買っていたなど。

チャットで前後関係を見るなど徹底的に調べて判断している。

この前すごいね、よく見つけたねということがあったんですが、担当者が「ログが光って見えた」と言ってました。
膨大なログなんですが、彼らには分かるようです。

アカウントアドミンはごく少数の精鋭で編成されており、本当に敵に回したくない。

ルールを守って素敵なハイデリンライフをお送りください(にっこり)

(吉P)プレイヤーさんはいろいろなことを経験してきていると思う。その上でこの先も遊んでほしいので我々もいろいろとやっていきます。

装備デザインコンテストの続編はありますか?


レンジとメレーのコンテストを近々行う予定です。

装備デザインコンテスト(近接/遠隔物理DPS編)開催! 4月19日(木)~ 5月21日(月) | FINAL FANTASY XIV, The Lodestone
装備デザインコンテスト(近接/遠隔物理DPS編)開催! 4月19日(木)~ 5月21日(月)

落選してしまった友人がいたので、F.A.T.E.の参加人数を増やせませんか?

F.A.T.E.については、まず日程と行く場所を決めて、会場を決めている。

さらに、皆さんが楽しみにしている吉Pとのふれあいは、同接1ということを鑑みて考えている。

(吉P)当日、最初からPLL直前までプレイヤーと話をしても最大で220人なので、人数を増やすよりは、回数を増やしていきたいと思っています。
そして、出来るだけ地元の方の当選をと考えている。

これまでのアップデートでこれは荒れそうだなと覚悟した案件はありましたか?

MMOならではですが、ジョブに触れるとなると…
ジョブに触れるときはある程度フィードバックについて覚悟しています。

もし、一日だけP/Dをやるとしたら何をしたいですか?

全力で後任を探します。
血眼でどうか、どうか、後生だから!と探します。

やりたいやりたくないというより、向いてないだろうなという気がする。
いろんなものを見てきているというのは客観的に事実だが、凡庸なものになってしまい尖ったものが無いなどFF14じゃないとだめだというものは出来ない気はする。

(吉P)エウレカもチャレンジをしたちゃんと尖りのある緩急をつけながら出来ているので、しばらくはこのコンビでやっていこうと思います!

お知らせコーナー

FINAL FANTASY XIV Orchestra Concert 2018 -Eorzean Symphony

FINAL FANTASY XIV ORCHESTRA CONCERT 2018 -Eorzean Symphony-
Select tracks from FINAL FANTASY XIV ONLINE’s expansive collection, performed live by a full orchestra! Come, brave warriors! Step into a realm of music! Comin...


吉P散歩をくっつけて、北米サーバーでPTを組み、演奏楽曲のコンテンツへ行き聴くことを考えている。
祖堅さんのプレイもあるよ。

1st Album “THE PRIMALS”、THE PRIMALS Zepp Tour 2018

THE PRIMALS Official Website | SQUARE ENIX
「FINAL FANTASY XIV」サウンドディレクターの祖堅正慶を中心に結成されたオフィシャルバンド「THE PRIMALS」公式サイトです


札幌は、出身なので自腹で行こうと思っていますw
関係者席ではなく、普通の席にいると思います。
すすきのあたりで飯食ってますので、見かけたらご一緒に。

この後も出来るだけこういう場を続けていければと思います。
パッチ4.3までにもう一度、今度は実機を使って紹介もしていきますのでよろしくお願いします!

以上、第43回PLL後半のまとめでした!

モルボルさんの仕事内容に触れられるとともに、遊んでいても分からなかった部分をユーモアたっぷりに説明してくれたり、見どころの多い後半でした。

考えていた以上に、しっかり対策をしてくれているからこそ安心してFF14を遊べるんだと再認識しました。

開発陣やスタッフさんの姿をもっと見たいので、こういった機会が増えてくれればいいなぁ。

PLLのまとめが終わったので、次回はスプリングボトムとシューズの紹介をする予定です。
それでは、また~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PLLまとめ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
アルニッキ

コメントをどうぞ