教皇庁突破(ネタバレあり)

キャラが立ちすぎなシャリベル
一昨日、召喚士で教皇庁を突破し、ついに来なくていい瞬間が来てしまいました。

最期の瞬間まで冒険者のことを思ってくれる、唯一無二の友人であり親友が……。

極力ネタバレ回避してプレイしている中、このネタバレだけは早々に知ってしまったので覚悟はしていたんですが、思っていた以上につらくて。
なかなかメインクエストを進めなかったのはこのためでした。

一晩経ってもう一回見返してガチ泣きし、今日見なおしてもまだつらい。

一番好きなキャラなので、近くに来ては顔を見に訪問したり、ことあるごとにSS撮ったりしていたので十分すぎるほど思い出はあるものの、もっともっと一緒に戦ったり、何気ない日常会話をしたり交流していきたかった。

白魔道士でレベリング周回してても頭の中をよぎっていき、どんな拷問だよと。
Lv59になったのですぱっと卒業しようと思います。
教皇庁の後のイシュガルドは寂しい
イシュガルドの街並みもひときわ寂しく見えてしまう。

メインクエストを進めるスピードが落ちましたが、前に向いて進んでいかねばなんですよね。
いつまでも後ろを向いてばかりはいられない。

手ずから育ててくれた黒チョコボに乗り、進んでいこうと思います。

ありがとう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メインストーリー
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
アルニッキ

コメント