爽快感やフォトモードも!スパイダーマン「Marvel’s Spider-Man」


先日の14時間生放送で吉Pと辻本さんが今年注目するゲームとして熱く語っていたPS4の「Marvel’s Spider-Man」。

そんなにすごいゲームが出るんだ!と驚きながらも、私はこの2年でプレイしたのはFF14含め数本なライトゲーマー。

スピーディーな動きをするのは難しそうだなぁなんて思っていましたが、発売日を迎え「ただ跳んでいるだけで楽しい!SS機能がすごい」と聞き、昨夜購入しましたー!

スパイダーマンはアメイジング・スパイダーマンまで視聴済み、スパイダーマン:ホームカミングはまだなのでさらに期待が高まります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダウンロード時間は?


購入はPSストアから。
シーズンパス付のデジタルデラックス版と迷った結果、ひとまず通常版に。

45GB前後の大容量であることと夜にダウンロードしたため、約3時間30分ほど。
朝から夕方にかけてダウンロードしていたらもっと早く終わったと思います。

最近回線が重いのでその影響もあります。
近々別会社に切り替えることにしたので早くなるといいなぁ。

映画のような没入感が味わえます


開始するとすぐに、映画の冒頭のようなマーベルのムービーが流れ、ゲームへと繋がります。

マーベル作品はいくつも見ているので、すっとその世界観に入ることができました。
見たことがない方にも、映画を見るような感覚で始められるところも素敵ですね。

『Marvel’s Spider-Man』 “ヒーロー”トレーラー

まず始めにビル移動のアクションをするのですが、基本的には「R2を押して目的地に着く」という簡単なもの。
(SSを撮れていなかったので、ビル移動のイメージは公式ムービーをご覧ください。)

高品質な街中をアトラクションのようなスピードで跳んでいく臨場感が素晴らしい!

細かな動きをするのが苦手な私でもビュンビュンと跳び、その爽快感を味わえました!
時折地面に落ちてしまうと、あの人!みたいに注目される場面もあって細かなところまで作られていますねー。

ゲームが得意な家族は、映画さながらの跳び方や画面切り替えをしていたので、慣れるとさらに没入感が増しそうです。

UIが分かりやすく、時折挟まれるムービーも高品質です。

場面が切り替わるごとにチュートリアルとしてアクションを教えてくれるので、次々と新しいアクションが出来るのも楽しい!

グループポーズ好きにおすすめの「フォトモード機能」

見事にハマった「フォトモード機能」という、FF14のグループポーズのような機能もあります。

まず、元となるシーンはこちら。

そこにフィルターをかけ、フレームや調整をしていくと、あっという間に雰囲気のあるお気に入りのSSが撮れました!

ズームや角度変更など様々な機能が使えるので、FF14でグループポーズを使っている方はさらに楽しめること間違いなしです。

新聞の一面や

雑誌風なフレームもあります。

周囲にもスパイダーマンが描かれているところに開発陣のスパイダーマン愛を感じます。

『Marvel’s Spider-Man』 フォトモード紹介トレーラー

公式の紹介動画はこちら。

スクリーンショットをPS4のカスタムテーマに!


お気に入りのスクリーンショットをもっと見たい!という方へのおすすめが、「カスタムテーマ」。

設定>テーマ>カスタムテーマの順に進んでいくと、自分の好きなSSと背景色を組み合わせて使うことが出来ます。

PlayStation Plus限定専用テーマもあります


公式の専用テーマは、予約や先着購入特典版と、PlayStation Plus限定専用テーマ「バトル・テーマ by Marko Djurdjevic」の2種類。

ちなみに、今ならデッドプール2のテーマも2種類ダウンロードできます。デップーもおもしろいですよね!

戦闘中のかっこいいスパイダーマンが描かれています。

まだまだ序盤ながらも満喫しているスパイダーマン。
SSを撮りつつ、爽快なアクションを楽しんでいきます。

映画版も見たいので今晩レンタルする予定です。

それでは、またー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
他ゲーム
スポンサーリンクと関連コンテンツ
スポンサーリンクと関連コンテンツ
アルニッキ

コメント